« 容疑者Xの献身(東野圭吾) | メイン | 包帯クラブ The Bandage Club(天童荒太) »

2006年02月08日

●99%の誘拐(岡嶋二人)

99%の誘拐緊迫度MAXIMUM(マキシマム)!空前絶後の完全犯罪
末期ガンに冒された男が、病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには8年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして12年後、かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され、前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。
第10回吉川英治文学新人賞受賞作!
ー出版社文引用ー

帯には2005年版この文庫がすごい!第1位の文字。
面白かったぁ〜。テンポ良く先へ先へと止まらず読んだ。
10年以上も前の作品なんだね。

他の読了:「劫尽童女」恩田陸

本日の購入:「包帯クラブ」天童荒太
私、「ちくまプリマー新書」は始めてだわ。

コメント

また、お久しぶりです♪
ココのHPで知って、タイトルがおもしろそうなので、読みました。
一気に読んでしまいたい衝動にかられて、
そのとおりになってしまいました(笑)

最近はめったに読書しないんで、
また、よかったら、オススメの本、教えてくださいね。

満開近いので、Sさんところに画像ハリハリさせていただきましたので、
ごらんいただけたら、嬉しく思います。

リサさん、お知らせ、ありがとうございます。
シクラメン、拝見してきました。
13年越しですかぁ。。。
今年はまた一段と見事な咲きっぷりで素晴らしいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)